活動報告

活動報告

2013.06.17
プロのライターは「コレ」を持っている

「書く仕事がしたい!」とか、「プロのライターになってバリバリ活躍したい!」という人をたくさん見てきた。

数年経ってからその人に会うと、なぜかライターになっていなかったり、ちょっと仕事をしてみたものの、すぐにやめている。

そこそこ文章力のある人や、私なんかよりずっと優秀な人が多いのに、なんで?

ずっと、それが疑問だった。

でも最近、ライターになれる人となれない人(なってもつづかない人)の違いが見えてきた。

才能があるとかないとか、そういう問題ではない。

そもそも才能なんて、ごく限られた一部の人しか与えられていない。

「書く仕事」に携わる人のほとんどは、たいして才能のない自分を感じながら、地道に努力しているんだと思う。

となると、努力の差?

これも、あんまりピンとこない。
 
もちろん努力は必要だし、自分の持てる力を精一杯使うことは大事だけど、それだけではないような気がする。

プロのライターとして仕事をつづけられる人は、ワクワク感を持っているのだ。

コレを書きたい、書かずにいられない、そんなふうに湧いてくる思い。

そして、「何を書くか」を見つけるワクワク感。

あっ、コレっておもしろいかもとか、なんでこんなことになってるのとか、もう少しコレを調べてみようかとか、そういうものに出会うと、ものすごくワクワクするのだ。

ただしそのとき、「自分にとっておもしろい」のではなく、「コレは読者にとっておもしろいか」、「読者の役に立つか」という視点を持てるのがプロ。

別の言い方をすると、「自分にとってはあたりまえで、たいしておもしろくない」と思っていることが、別の角度から見ると、「いや、それ、おもしろいんじゃない?」となる可能性もあるわけで...。

要はひとつの物事を、あっちからもこっちからも、裏から横から下から、いろいろな視点で見て、「あっ、コレを読者に伝えたい」と見つけるワクワク感を持てるか、ということになるのだと思う。

でも、そのワクワク感にたどり着く前に、「アタシ、才能がないんです」とか、「書きたいテーマが見つかりません」などとあっさり投げ出してしまう人がとても多い。

あー、もったいない。

少し視点を切り替えれば、こんなテーマも、あんなテーマも書ける人たちなのに...。
 
才能や努力とは別のワクワク感を知ってほしくて、小さな小さなライター養成講座をはじめて4年目。

マンツーマンの個人塾なので派手さはまったくないけれど、「書く仕事」に必要なスキル、発想、意識、姿勢、ブランディングなどを徹底的に、決して出し惜しみせず伝えている。

最初はワクワク感など「?」だった人が、自分のテーマをしっかりと持ち、ライターとしてのスタンス、プロ意識を高めていくのを見るのがうれしい。

もちろん私も勉強と努力を怠らず、たくさんのワクワクを見つけて、これからも読者の方たちに届けたいと思う。

20130617.jpg

活動報告 新着記事

2017.11.05
天から降りてくる

天から降りてくる

先月、「日本文藝家協会」に入会した。 作家やジャーナリスト、...

2017.10.03
熱しやすく冷めやすい

熱しやすく冷めやすい

「あなたはどんな性格ですか?」と聞かれたら、私は迷わずこの言...

2017.08.16
おとなになってわかること

おとなになってわかること

子どものころは嫌いだった食べ物が、ある年齢になると「おいしい...

Copyright (c) 2011-2018 Ishikawa-Yuki All Rights Reserved.
当サイト内の記事・写真・画像など、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
このページの上へ戻る