モンスターマザー 光文社(2007/11)

モンスターマザー

<<韓国、台湾で翻訳発売>>

15年間、延べ3千人の母親を取材して浮かび上がった「母子破綻」の深刻な広がり……。 それに加えて、かつて「コギャル」と呼ばれた世代が出産適齢期を迎え、続々モンスターマザー入りしている! いま、家庭の中で何が起きているのか。

文庫版のご購入はこちらから
(Amazon.co.jp が開きます)

韓国で翻訳発売
韓国で翻訳発売

台湾で翻訳発売
台湾で翻訳発売

書評

従来の感覚では「母親らしくない」と思われたことが、今では責められない。逆に、常識や「らしさ」にとらわれない生き方をする、自分流を貫くことのほうがかっこいい、と考えられるようになった。母親だからといって義務や責任に縛られたくない。自分の好きなことをやり、いつまでも若く、かわいい私でいたい。それが、現代の母親の本音なのだ。 「母親らしさより自分らしさ」を追及する母親の出現は、当然ながら子育てを大きく変え、結果的に子どもの異変につながっている

東京新聞2007年12月15日号より抜粋

中には不安を外に向けられず、無気力になったり、生きる意欲を失ったりする母親もいるという。まわりにかける迷惑はモンスターマザーより少ないが、実はこの「引きこもりマザー」のほうが根が深い、と著者は考える。いま母親たちに必要なのは、「ありのままでいい」といった甘い正当化ではなく、孤独で自己中心的な子育てから少しでも脱却できるような、具体的な助言や指導なのではないか、という著者の指摘が鋭い

週刊ポスト2008年1月11日号より抜粋

目次

第1章 おふくろなんてもういない
第2章 モンスターマザーの生態
第3章 子どもの異変
第4章 脱力モードと勘違い系
第5章 母親になれないよう育てられた
第6章 モンスターマザーを生み出したもの
第7章 母親に未来はあるか