活動報告

活動報告

2012.07.05
懐かしのSPA!

週刊SPA!(扶桑社)の編集者からインタビュー取材の申し込みを受け、担当ライターさんを交えて3人で会いました。

それにしても懐かしいSPA!

私をプロデビューさせ、3年5ヵ月も連載を持たせてくれた、まるで故郷のような雑誌です。

とはいえ、あれからなんと15年! 今の編集部にいる人たちは、もちろん私の存在など知りません。

当時の編集長もすでに退社されたとのことで、そんな話を聞くと月日の流れを実感します。

ちなみに、写真の左側が2012年7月に発売された最新号。

そして写真右側は、私の連載がはじまって間もなくの1997年7月に発売された号。

15年前だけあって「バブリーマン」なんてタイトルが見えます(笑)。

20120705.jpg


今ではキャビンアテンダントという呼称も、当時は「スチュワーデス」だったんですね。

本当に、言葉は時代を象徴してるなぁ、と感じます。

私よりずっと年下の編集者、ライターさんと「SPA! 今昔」について語り合いました。

私が連載を持っていたころは、まだ出版業界も元気がよかった時代。

「いつも会社の玄関前に3~4台のバイク便が待機してた」
「夜の8時から編集部で打ち合わせして、そのあとデスクや担当編集者と一緒に銀座にご飯を食べに行き、西麻布のバーでお酒を飲んで、帰りはタクシーチケットで家まで2万円かけて帰ってた」
「編集部の班(ニュース班、グラビア班などに分かれている)のみんなで、ニューハーフのクラブに行き、デスクがチップだと言って1000円札をじゃんじゃんニューハーフの胸元にはさんでいた」

...そんな過去の栄光話(苦笑)をすると、若い彼らは「信じられない~」と驚きの表情。

そりゃそうでしょう。当の私自身、「そんな時代があったんだぁ」と、今ではまったく信じられない思いです。

SPA! で仕事をしていたころは、この業界のイロハもよくわからないひよっこだった私。

数えきれないほどの失敗や間違いを重ね、そのこと自体に気づかないというお粗末さでした。

あれから少しはおとなになったと思いますが(いや、単純に年齢だけで言えば十分すぎるほどおとな)、相変わらずこの業界ではどこか浮いているような気がします。

そんな自分が、外から見られるときには「先輩」になってしまうなんて、恥ずかしくもあり、申し訳なくもあり...。
 
「バブリーマン」という言葉が誌面に躍っていたあの時代、ともに働いた人たちは今どうしているだろうと、懐かしさだけでなく、どこかせつなさも覚えます。

活動報告 新着記事

2017.02.26
もうすぐ6年

もうすぐ6年

あと数日で3月。 春の訪れに心弾む一方で、「あの日」以来、3...

2017.01.21
散歩の時間

散歩の時間

昨年末から最近まで、午前4時に起床していた。 「歳のせいだね...

2016.12.15
光あるところ

光あるところ

こう書くと「信じられない?!」と言われてしまいそうだが、私は...

Copyright (c) 2011-2017 Ishikawa-Yuki All Rights Reserved.
当サイト内の記事・写真・画像など、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
このページの上へ戻る