活動報告

活動報告

2013.05.29
プロの一瞬

フジテレビ系列で放映中の『ほんまでっか?! TV』という番組の収録がありました(オンエアは6月5日です)。

私が出演したのは、「同じ穴」という短いコーナーですが、とにかくビックリしたのは司会を務める明石家さんまさんはじめ、レギュラー陣のすごさ。
 
この番組、視聴率が高いそうです。

出演のオファーをいただいたとき、私なんかに務まるだろうか、と不安になりました。

私は根が真面目、「キャラ」的にもバラエティには向いてないんじゃないか、と思ったからです。

当日は、所属するプロダクションのマネージャーさんが同行してくれたのですが、打ち合わせのときからヒザが震える...(苦笑)。

メイクをしていても、笑顔が引きつってる感じです...。

「自然体でいいんです。楽しんでください!」とマネージャーさんに励まされ、いざスタジオへ。

一緒にゲスト出演する専門家(番組内では評論家と呼ばれています)はみんな女性でしたが、すでに何回も収録経験している人が、こんなアドバイスをくれました。

「司会のさんまさんがすごいから、身を任せていればいいのよ。無理して自分を作ったりせず、いつものままでいれば、さんまさんが引き出してくれますから」と。

その言葉どおりでした。

収録がはじまると、さんまさんのすごさを目の当たりにしたんです。

...で、どんなふうにすごいのかを書きたいところですが、放映前なのでネタバレ禁止ですね(汗)。
中途半端なレポートですみません。

私が、さんまさんやレギュラー陣からどんなふうに「いじられた」かは、番組の中でご確認ください。

ところで、この「いじり」、もちろんシナリオなどなく、一瞬の掛け合いです。

さんまさんや出演者の方たちの、瞬時に反応するすごさ、言葉の使い方、空気の読み方、ゲストの盛り上げ方、どれも「プロだなぁ」と実感させられました。

もうひとつ、これは番組には直接関係のないことですが、以前読んだ雑誌に、こんなエピソードが載っていたことを思い出しました。

さんまさんが信号待ちをしていたとき、女子高生のような若い女の子が「おっ、さんまやんか」と絡んできたそうです。

あれこれと難癖をつけた挙句、いきなりさんまさんのお尻を蹴った。

それに対して、さんまさんは「ナイスキック!」と返して、笑いながら横断歩道を渡っていった、こんなエピソードです。

なぜ「ナイスキック!」と笑っていられたのかを問われ、さんまさんはこんなふうに答えたと記憶しています。

「相手は若い女の子やし。まともに立ち向かって、俺がやり返したら後々面倒や。笑って許したほうがいいと、一瞬で判断した」

このエピソードを読んだときには、「そんなうまくいくの?」と半信半疑でしたが、実際になまのさんまさんを見て、「ああ、この人ならできるだろう」と思いました。

仕事で学ばせてもらい、それはまた別の仕事でお返ししよう――、そう思いながら、スタジオを後にしました。


 

活動報告 新着記事

2017.02.26
もうすぐ6年

もうすぐ6年

あと数日で3月。 春の訪れに心弾む一方で、「あの日」以来、3...

2017.01.21
散歩の時間

散歩の時間

昨年末から最近まで、午前4時に起床していた。 「歳のせいだね...

2016.12.15
光あるところ

光あるところ

こう書くと「信じられない?!」と言われてしまいそうだが、私は...

Copyright (c) 2011-2017 Ishikawa-Yuki All Rights Reserved.
当サイト内の記事・写真・画像など、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
このページの上へ戻る