活動報告

活動報告

2012.09.19
「ゆずりは」を訪ねて

東京都小金井市にあるアフターケア相談所「ゆずりは」を訪ね、所長の高橋亜美さんとお話ししてきました。
http://asunaro-yuzuriha.jp/index.html

アフターケアって何のこと? そう疑問を持たれる方も多いでしょう。

「ゆずりは」は、児童養護施設や自立援助ホームなどを退所した子どもたちの「その後」を支援する民間の相談機関。

社会福祉法人子供の家が運営母体となり、常勤スタッフ2名が、困難な状況にある子どもたちのさまざまな相談に乗っています。

語弊のある表現かもしれませんが、いわゆる「ふつうの家庭」で育った人は、あたりまえのようにご飯を食べ、学校へ行き、親からお小遣いをもらいます。

高校や大学に進学もできるし、その間の生活は親が保障してくれ、たっぷり時間をかけて「おとな」になります。

なかにはおとなになっても、まだ親のスネをかじり、あれこれとモノを買ってもらったり、生活全般の面倒を見てもらう人だっています。

でも、世の中はそんな人ばかりではありません。たとえば親が虐待をするような人だった場合はどうでしょう?

子どもを傷つけたり、生活の面倒を見なかったり、登校させなかったりする家庭は、残念ながら少なくないのです。

そうした家庭の子どもは児童養護施設に入所したり、あるいは施設に入所しないまま破たんした家庭の中で成長します。

ただし、仮に児童養護施設で生活できても、いずれはそこを退所しなくてはなりません。現在は原則18歳まで施設で暮らすことができますが、高校へ進学しなかったり、中退してしまったり、「問題」を起こすと16歳とか17歳で施設を退所させられ、自立を迫られるケースもあるのです。

現代の日本で、親の庇護もなく、中卒や高校中退の学歴でいきなり「自立」するのは大変なことです。

基本的な生活習慣が身についていなかったり、基礎的な学力がなかったりすればなおさらでしょう。

仕事を探す、アパートを借りる、家具や生活用品をそろえる、そんな「当座のお金」もないまま「世間」に放り出されてしまったら...。

子どもたちがいかに困難な状況に陥るか、少しは想像していただけるのではないでしょうか。

...と、前置きが長くなりましたが、「ゆずりは」ではそうした子どもたちの就学や就労支援をしたり、生活全般の相談に乗っています。

こうやって文字で書くと簡単に見えますが、「ゆずりは」を頼ってくる子どもたちの現実は過酷です。

今日泊まるところがない。所持金がゼロ。自殺しようと思っている。借金ができた。おかしな契約書にサインさせられた。暴力を受けている。等々。

そんな相談を寄せてくるのが、まだ10代の子どもだという事実を、「おとな」である私たちはもう少し知るべきではないでしょうか。

一見平和で豊かなこの国の裏側に何が起きているのか。

「ゆずりは」所長の高橋亜美さんは、淡々と理性的に語ってくれました。

静かなその言葉の向こうにある根深い問題を見つめつつ、私は彼女の言葉をノートに書き留めました。


20120919.jpg

活動報告 新着記事

2017.02.26
もうすぐ6年

もうすぐ6年

あと数日で3月。 春の訪れに心弾む一方で、「あの日」以来、3...

2017.01.21
散歩の時間

散歩の時間

昨年末から最近まで、午前4時に起床していた。 「歳のせいだね...

2016.12.15
光あるところ

光あるところ

こう書くと「信じられない?!」と言われてしまいそうだが、私は...

Copyright (c) 2011-2017 Ishikawa-Yuki All Rights Reserved.
当サイト内の記事・写真・画像など、全てのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
このページの上へ戻る